頭皮の皮脂分泌量が増える原因

頭皮自体はとても弱い部分で、皮脂はその弱い頭皮を外界からバリアする存在です。ですから皮脂が少ないと当然頭皮が守られなくなってしまうため、体は自動的に皮脂分泌量をコントロールして最適な皮脂の量に保ちますが、これが狂ってしまうと異常な量の皮脂が分泌され、頭皮がベタベタしてしまいます。

この原因は食事、運動不足、ストレス、ホルモンバランスなどが原因として挙げられます。ただしこれらひとつだけで頭皮の皮脂が多くなっているということはなく、複数の原因が重なりあって頭皮の皮脂分泌量が増えている可能性が高いです。

食べ物で皮脂分泌量が増える

皮脂を増やす食べ物食べ物によって皮脂分泌量が増えます。わかりやすいものだと肉類などの脂が多いものなどはそのまま皮脂として分泌されてしまいます。またジュースやお菓子などで糖分を食べ過ぎていると同じように皮脂分泌量が多くなります。

運動不足で頭皮の皮脂が増える

運動で皮脂分泌量を減らす運動不足になると体の代謝が狂ってしまうことも。運動することによって自律神経も整うため、皮脂分泌量が異常なまでに多くなることは稀といえるでしょう。 また運動によって余分な油をエネルギーに変えることができます。

ストレスで皮脂分泌量が増える

ストレスと皮脂分泌量の関係ストレスが加わると体は酸化します。同時に皮脂分泌が盛んになって、皮脂自体も酸化していくことで薄毛が進行する可能性が高いと考えられています。

ストレスは身体的症状、自律神経失調症、病気やガンなど、どんなものでも原因になり得るものです。

ホルモンバランスが崩れて皮脂が多くなる

女性の脂漏性皮膚炎特に女性多いですが生理などでホルモンバランスが大きく乱れると皮脂が多く分泌されることともわかっています。生理以外にもストレスも加わることでより女性のほうが体のバランスが狂いやすく、ホルモンバランスが狂いだすとこの症状は顕著になります。

頭皮の皮脂分泌量を抑制する方法

まずは食事を変える

皮脂分泌量は頭皮だけでなく、体全体で言えることです。皮脂が余計に出ているということは、体内に脂分が余計に入っていることと同じであるとも考えられます。特に食事が肉食中心だったり、揚げ物が多かったりすると、当然ですが皮脂分泌量は一気に増えます。体内に吸収されて毛穴から皮脂として余分な脂がでてくるということです。

野菜で頭皮の皮脂を減らすですからまずは野菜中心の食事にして、肉も食べても良いですが、特に油モノの揚げ物はできるだけ避けたほうが良いでしょう。また自炊している場合はできるだけ油をつかわない料理のほうがよいでしょう。煮物や焼き物などがベストですね。そうすると自然と和食が中心になってくると思います。

シャンプーを変える

サクセスで頭皮の皮脂が増える皮脂が余計に出ている原因のひとつに皮脂をシャンプーで除去しすぎている可能性があり、市販のシャンプーは安価で洗浄力と脱脂力の強い石油系洗浄成分を配合しています。ほぼすべての安いシャンプーにはこれが配合されていて汚れも落ちやすいですが、皮脂もごっそり持って行かれてしまいます。このあと頭皮は皮脂がなくなってしまったと勘違いして自動的に皮脂分泌量を高めて多めに出してしまうのです。

これを避けるためには洗浄・脱脂力が強い石油系シャンプーは使わずにアミノ酸系シャンプーを使うことです。アミノ酸系シャンプーは汚れは落とせますが石油系に比べて爽快感がないなどのデメリットもあります。しかし頭皮には適度に皮脂を残せるため、結果的に皮脂分泌量が抑えられる可能性が高いです。

運動してストレス解消する

運動することで余分な脂もエネルギーとして利用できるような肉体改造をしているようです。そうすると脂をエネルギー源に変えてしまうので分泌量がスコは減らせます。

運動でストレス解消、頭皮快適運動することによって同時にストレスも解消されます。ストレスは体内で酸化して、皮脂もそれによって分泌されたあとは当然酸化されてしまい、頭皮の痒みなどを引き起こします。

頭皮の皮脂分泌量にかぎらず、ストレスはできるだけ体にないほうが快適な生活が可能です。

頭皮の皮脂が多いと抜け毛が増える

普通の人はほとんどなりませんが、頭皮の皮脂が多くなりすぎると脂漏性皮膚炎になります。実際にこれは一度なるとぶり返してしまって再発が続く病気の一つです。皮脂分泌量が異常に多くなってしまい、シャンプーをしてもすぐにフケが出たり頭皮がべたついたりして痒みがひどくなります。これによって皮脂が毛穴に入って酸化したり、皮脂を栄養源として常在菌が異常繁殖して痒みがひどくなってしまいます。

毛穴に皮脂が詰まることで髪の毛の成長が阻害されたり抜けたりすることはないですが、脂漏性皮膚炎になると髪の毛が細くなって抜け毛もかなり増えます。普通の抜け毛の量ではないですし、フケの量も多くなるため、異常を感じたらすぐに皮膚科に行きましょう。皮脂だけが抜け毛の原因ではなく、酸化、マラセチアという常在菌など様々な要因で抜け毛がかなり増えます。

脂漏性皮膚炎になると、頭皮の皮脂分泌量が異常なまでに増えたり、フケがシャンプー直後に出てきたり、そして抜け毛が増えますが、この時に育毛剤をつけたり、シャンプーをアミノ酸系シャンプーにしたりしてもフケは止まらないし抜け毛も止まりません。ほとんどが付け焼き刃という感じで無駄に終わります。ある程度抜け毛などは収まるかもしれませんが、実際には抜け続けます。これを解決するにはどうしても皮膚科で薬を処方してもらうしかなく、自分が脂漏性皮膚炎であるということをしらないとそのまま放置になってしまいます。

治療後は皮脂分泌量を増やさないようにするシャンプー選び、雑菌の殺菌作用シャンプーを使うなどしてケアしていきます。そうすることで劇的にフケ、痒みはなくなり抜け毛がなくなっていきます。

頭皮の皮脂は取り過ぎないようにする

まずは頭皮の皮脂は必要な物だけで多すぎると良くない、ということを理解しておきたいですね。これが皮脂が悪いもの、としてなってしまうと、とにかく皮脂除去成分の強いシャンプーを使ってゴシゴシと皮脂をごっそり取り除いてしまうんですが、そうすると砂漠地帯になった頭皮に皮脂をもっと供給するように働きかけられてしまって、最初よりも皮脂分泌量が断然多くなってしまいます。

そして多くなった皮脂をさらに取り除くために毎日ゴシゴシとシャンプーしてしまう。そしてさらに皮脂が多くなって頭皮がベタベタになってしまうですね。ここでマラセチアという常在菌が皮脂を餌にして繁殖してしまうと脂漏性皮膚炎になったり、逆に粃糠性脱毛症というフケが出ながら抜け毛が増えまくる病気になってしまいます。

皮脂は頭皮のバリアですから必要なものであって悪ではないんですね。何でもそうですが度が過ぎるとよくないだけなんです。ある程度皮脂を残しつつ、快適な頭皮を維持することが頭皮の皮脂分泌量をコントロールする方法です。ありすぎても駄目だし、取り過ぎても良くないということですね。

皮脂分泌量をコントロールする食べ物

皮脂分泌量をコントロールして最適な状態にする食べ物、栄養素を解説します。

ビタミンB群

特にビタミンB2などが皮脂分泌コントロールに必要です。脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症の治療でまず内服薬としてビタミンB群がたくさん配合された薬を処方されます。それほどビタミンB群が皮脂分泌に関係しているということで、日々ビタミンB群が不足していると皮脂分泌がコントロールできなくなって、たくさん分泌してしまう可能性が高まります。

ビタミンC

ビタミンCも皮脂分泌コントロールには重要です。化粧水などに含まれていてニキビケアにも使われるのは皮脂分泌量をコントロールできるから、そして皮脂の酸化も防ぐことができるからです。ビタミンCは水溶性のビタミンなのでたくさん摂取しても排出していくため、毎日何回かに分けてサプリで摂取するのがお薦めです。美容にも健康にも良いのでも毎日のベースサプリとしてビタミンCとビタミンBは飲むようにした方がいいですね。

食物繊維

食物繊維は脂肪や糖分などを体に吸収させずに便として出してくれますので、食事を気をつけていてもなかなか皮脂分泌量が減らないという場合は野菜や食物繊維系のサプリメントを摂取するようにしましょう。これだけでもかなり皮脂分泌量が減る可能性があります。特に便でベッタリとしたタイプのものが出る場合は脂分などを取り過ぎている可能性が非常に高く、この場合は毎食野菜を食べるようにしたほうが良いでしょう。

逆に皮脂分泌量を増やしてしまう食べ物

これはもうわかりやすいですが、油モノです。天ぷらやカツ丼、ハンバーガー、ポテトフライなどは最悪です。しかしこれらは美味しいんですよね。毎日たべたくなってしまいます。さらにアルコールなどもよくないですね。ということでお酒を飲みながらつまみを食べますが、それも揚げ物とかが多いですよね。お酒だって良くないのに、これは頭皮もベタベタしてしまうでしょう。

まと糖分もダメです。お菓子、ジュース、チョコ、ケーキ、なんでも糖分です。またご飯、パスタ、パンなどの炭水化物は食べた後吸収されるときに糖に変化します。これらは主食なんですが、食べ過ぎたりすると体によくないということです。主食だけ食べていればよいのですが、現代は主食以外におやつや水分補給で糖分が大量に摂取できてしまう商品が多く、これらによって頭皮の皮脂分泌量はどんどん増えます。

頭皮の皮脂を減らすシャンプー

コラージュフルフルネクスト

日本で頭皮の常在菌を殺菌する成分を配合したシャンプーで、頭皮の皮脂が過剰分泌する脂漏性皮膚炎に使われる医師推奨比率の高いシャンプーです。
脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科医はシャンプーにコラージュフルフルネクストシャンプーをすすめるほど効果は実証済み。頭皮がベタベタして髪の毛が濡れるほど皮脂分泌量が過剰な場合毎日のシャンプーをコラージュフルフルネクストシャンプーに変えてみてください。

コラージュフルフルネクストを購入する