頭皮の臭いの原因と解消方法

時間経過とともに頭皮が臭くなるのは皮脂が原因

シャンプーした直後はシャンプーの臭いで別に頭皮の臭いは気になりませんが、数時間後には頭皮の臭いが気になることがあります。

これは皮脂の酸化が原因です。もともと皮脂は脂なので当然油臭いな、という感覚はその通りで合っています。しかし臭いがきつくなるのは、皮脂そのものというよりも皮脂が酸化した臭いなのです。

だからシャンプーしたあとに徐々に皮脂が分泌され、半日程度するとその皮脂が酸化して臭いがきつくなります。

皮脂はしっかりと落とすこと

皮脂が酸化しようがしまいが、まずは頭皮に皮脂がずっとのこっているような状況は避けることです。そのため毎日シャンプーして頭皮に皮脂を残さないようにします。これは大前提です。

しかしサクセスやトニックシャンプーなどのように皮脂を摂り過ぎるシャンプーを使うと逆に皮脂分泌量を増やしてしまうため、基本的にはアミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

また、フケが多い、痒みが多い、抜け毛が多い、という方は迷わずコラージュフルフルネクストシャンプーを使いましょう。

皮脂の酸化を防ぐ

皮脂は必ず酸化します。だから皮脂を酸化させないようにすることは不可能です。しかし酸化を緩やかにすることはやっておくべきでしょう。

まずストレスによって体は酸化します。活性酸素というものですね。ストレスを消すことはできないので、まず運動をしてください。運動することで汗も流せますしストレス解消になります。

またタバコ、酒も酸化を進めるので控えましよう。特にタバコは定期的に吸うため当然酸化が継続的に体で起こります。頭皮の皮脂の臭いがひどい場合でタバコを吸っているならやめてしまうのがベスト。

シャンプーと湯シャンを併用

基本的にシャンプーは1日1回のみ。これ以上シャンプーを使うと皮脂を取り過ぎてしまうため、今まで以上に皮脂が大量に分泌されるようになります。このとき皮脂腺が大きくなっているので毎日2回以上シャンプーをしている人が皮脂分泌量が増えてしまう可能性があります。

ではシャンプーのあと半日以降はもうシャンプーできないか、というとその通りで、シャンプーは使わずに湯シャンで頭皮をもみほぐすようにして毛穴の皮脂を絞りとります。

シャンプーをせず湯シャンだけにするのは逆に皮脂が毛穴に残ってしまう可能性が高いので、シャンプーと湯シャンを併用するのがベストです。

頭皮の皮脂を減らすシャンプー


コラージュフルフルネクスト

日本で頭皮の常在菌を殺菌する成分を配合したシャンプーで、頭皮の皮脂が過剰分泌する脂漏性皮膚炎に使われる医師推奨比率の高いシャンプーです。
脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科医はシャンプーにコラージュフルフルネクストシャンプーをすすめるほど効果は実証済み。頭皮がベタベタして髪の毛が濡れるほど皮脂分泌量が過剰な場合毎日のシャンプーをコラージュフルフルネクストシャンプーに変えてみてください。

コラージュフルフルネクストを購入する

効果抜群の医薬品シャンプー


ケトコロストシャンプー

今頭皮の皮脂と痒み、抜け毛に悩む人に最もお薦めのシャンプーがアメリカのドクターズコスメ、ケトコロストシャンプーです。
日本では医師の処方箋がないと貰えないケトコナゾールが同等の2%配合されているシャンプー。私も使っていますがコラージュフルフルや他にも海外の有名なニナゾルシャンプーなどと比較にならない香りと使いやすさが好きですね。普通のサロン系シャンプーのような香りと使い心地です。
コスパも最高です。1本で半年使えました。2本セットの購入がお薦めです。

ケトコロストシャンプーを購入する