皮脂が育毛成分を阻害する可能性

毛穴に皮脂があれば育毛剤は浸透しない

頭皮の皮脂が毛穴に詰まってしまうとそこから育毛剤の成分が毛穴の奥まで浸透しないことがわかっています。ですから基本的に育毛剤をつけるときはシャンプーをして毛穴の皮脂汚れをすっきり取り除いてからがベストです。

夜シャンプーして育毛剤、朝起きて育毛剤

育毛剤の使い方としては、夜シャンプーしてその後に育毛剤を使い、翌朝さ起きてから使う。この1日2回の育毛剤と頭皮マッサージで育毛効果がしっかりと出るようになります。

これは育毛成分が頭皮に滞在して効力を発揮しなくなるまでに6時間から12時間程度と考えられているからです。ですから半日に一度のペースで育毛剤をつけてあげることで継続的に育毛成分を頭皮に供給することができるのです。

朝の毛穴は皮脂は詰まっていない

朝も朝シャンしてから育毛剤をつけたほうがいいのか、と思う方もいると思いますが、皮脂の摂り過ぎは良くないため基本的に夜のシャンプーのみでOKで、翌朝もそのまま育毛剤をつけてOKです。

人によっては皮脂が多いので翌朝もシャンプーしたいという方もいると思います。その場合はそれでもOKです。しかし脱脂力の高いサクセスやトニックシャンプーなどの男性用シャンプーを使うと皮脂を摂り過ぎて余計皮脂分泌を促してしまうので注意してください。

翌朝起きた状態であれば、そこまで毛穴に皮脂が詰まることもないので、そのまま育毛剤を使って大丈夫です。

毛穴に詰まった皮脂汚れを透過する育毛剤はない

今のところ育毛剤は清潔な頭皮に使うことが前提となっています。今まで解説したとおりですが、皮脂汚れが毛穴に詰まっていると育毛剤の効果が十分発揮できません。また、毛穴で皮脂が酸化している場合は育毛剤の働きも劣化するでしょう。成分の劣化を進めないために抗酸化剤が含まれているほどですからね。

だから夜のシャンプーでしっかりと毛穴の汚れを落としてから育毛剤を使うのが鉄則です。

そしてシャンプーをしても皮脂が大量に出てくるという場合は普通では無いのでほぼ確実に脂漏性皮膚炎です。この場合は何をしても頭皮の皮脂分泌量は減らないのですぐに皮膚科に行くか、頭皮の常在菌を殺菌できるシャンプーを使いましょう。フケ・かゆみを抑えるという市販のシャンプーは常在菌には効かないので何度洗っても余計皮脂を増やすだけ、また抜け毛も増やしますので注意してください。

お薦めは下で紹介しているコラージュフルフルシャンプーです。

頭皮の皮脂を減らすシャンプー


コラージュフルフルネクスト

日本で頭皮の常在菌を殺菌する成分を配合したシャンプーで、頭皮の皮脂が過剰分泌する脂漏性皮膚炎に使われる医師推奨比率の高いシャンプーです。
脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科医はシャンプーにコラージュフルフルネクストシャンプーをすすめるほど効果は実証済み。頭皮がベタベタして髪の毛が濡れるほど皮脂分泌量が過剰な場合毎日のシャンプーをコラージュフルフルネクストシャンプーに変えてみてください。

コラージュフルフルネクストを購入する

効果抜群の医薬品シャンプー


ケトコロストシャンプー

今頭皮の皮脂と痒み、抜け毛に悩む人に最もお薦めのシャンプーがアメリカのドクターズコスメ、ケトコロストシャンプーです。
日本では医師の処方箋がないと貰えないケトコナゾールが同等の2%配合されているシャンプー。私も使っていますがコラージュフルフルや他にも海外の有名なニナゾルシャンプーなどと比較にならない香りと使いやすさが好きですね。普通のサロン系シャンプーのような香りと使い心地です。
コスパも最高です。1本で半年使えました。2本セットの購入がお薦めです。

ケトコロストシャンプーを購入する