湯シャンで皮脂は落ちない

お湯だけで皮脂が落ちたらシャンプーは売ってない

皮脂は水だけでは落ちない

油を落とすのに水で洗い続けて何時間こすり続けたら落ちるでしょうか。皮脂も同じです。脂を水や体温以上の温度のお湯で流したからといって取り除けないですよね。フライパンを洗うのに40度で洗えば綺麗に落ちるかというとそんなことはありません。落としやすくなるものの結局洗剤で洗います。

頭皮の皮脂も同じことです。湯シャンで頭皮をこすり洗いするなんてもってのほかで、頭皮を傷つけるし髪の毛も抜けます。

そもそも論ですが、脂は水だけでは落ちないのです。

皮脂汚れを落とすためのシャンプー

シャンプーの役割というのは水では落ちない皮脂を洗い落とものです。もしお湯で皮脂が落ちるなら元々シャンプーは製品として不十分なものになりここまでたくさん売られることはないでしょう。

シャンプーを使うことで皮脂汚れを頭皮から浮き上がらせて、最後のすすぎで洗い流します。

湯シャンだけだと皮脂は流せないし髪の毛に皮脂がつく

湯シャンだけだと皮脂汚れはまず頭皮から完全に落とせませんし、髪の毛に皮脂がついてガサガサ、ゴワゴワ、ベタベタな洗いあがりになります。その場では少しスッキリした感じがあると思いますが、髪の毛を乾かすと髪の毛がなんだかベトベトした感じになってしまいます。

シャンプーを使えば髪の毛についた皮脂も一緒に洗い落とせるので、この不快感はなくなります。逆に言えば不快感があるという時点で皮脂は落ちていないのです。

皮脂が残るとマラセチアが増殖する

頭皮が臭いという方もいると思いますが、しっかりと洗っていればある程度ニオイも防げます。頭皮の皮脂が酸化したニオイなどはかなりキツイですよね。

シャンプーをせず無理に湯シャンをしていると皮脂が取りきれずに残ってしまうため、その皮脂を栄養として増殖するマラセチアのカビ菌が活発になって痒みや抜け毛を誘発します。これが脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎になると当然ですが皮脂分泌量が普通のレベルを越えます。そして抜け毛が異常なまでに増えます。頭皮がベタついていやだなぁ、というレベルではなくなるのを自分で体験しています。特にこの状態になってまで湯シャンを続けているとしたら、皮脂に寄って頭皮も髪の毛も衛生的にキレイであるとは言えなくなっているでしょう。

シャンプーを使うことは悪いことではなくて、衛生面を考えても使わないほうがもったいない、という印象がとても強いですね。

頭皮の皮脂を減らすシャンプー


コラージュフルフルネクスト

日本で頭皮の常在菌を殺菌する成分を配合したシャンプーで、頭皮の皮脂が過剰分泌する脂漏性皮膚炎に使われる医師推奨比率の高いシャンプーです。
脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科医はシャンプーにコラージュフルフルネクストシャンプーをすすめるほど効果は実証済み。頭皮がベタベタして髪の毛が濡れるほど皮脂分泌量が過剰な場合毎日のシャンプーをコラージュフルフルネクストシャンプーに変えてみてください。

コラージュフルフルネクストを購入する

効果抜群の医薬品シャンプー


ケトコロストシャンプー

今頭皮の皮脂と痒み、抜け毛に悩む人に最もお薦めのシャンプーがアメリカのドクターズコスメ、ケトコロストシャンプーです。
日本では医師の処方箋がないと貰えないケトコナゾールが同等の2%配合されているシャンプー。私も使っていますがコラージュフルフルや他にも海外の有名なニナゾルシャンプーなどと比較にならない香りと使いやすさが好きですね。普通のサロン系シャンプーのような香りと使い心地です。
コスパも最高です。1本で半年使えました。2本セットの購入がお薦めです。

ケトコロストシャンプーを購入する